師走

こんにちは歯科医師の笹野です。
いよいよ12月も後半になりましたね。
12月は師走ともいいますがそもそもなぜ師走というのでしょうか
調べました。

元は太陰暦(旧暦)の12月の異名でしたが、現在の新暦でも12月の別名として幅広く認知されています。
一年の最後の月であり大きな行事も多いことから、師走という漢字が持つイメージと忙しなさがぴったりと合うように感じる方も多いようですが、実は師走の由来は正確にはわかっていないようで、諸説あるようです。

①師(僧)が走る説

僧とはお寺のお坊さんのことで、日本には昔から年末になるとお坊さんに自宅まで来てもらい、お経を唱えてもらう風習がありました。
そのため、年末が近付くとあちこちから依頼がくるお坊さんは、東西を行ったり来たりと大忙しになります。
その様子を見て「師が馳せる」から師走になったという説です

②年果つ説

12月は一年が終わる月ということから、四季が終わる・年が終わるという意味で、年果つ(としかつ)が変化し、としかつ→としはす→しはす→しわす、となったと言われる説です。
当て字説

③日本書紀や万葉集などの書物には、十二月(十有二月)をしわすと呼んでいたとされる記述が残っています。これがやがて、師走に充てられたという説です。

このように諸説あるようですが、僕は歯科医『師』が『走』り回らない落ち着いた師走を過ごせるように
周到な準備を心掛けたいと思います。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談くださいお問い合わせフォーム

おがた歯科クリニック〒710-0831 岡山県倉敷市田ノ上938-3 TEL:086-430-0633

診療科目:歯科 小児歯科 矯正歯科 小児矯正 歯列育成 入れ歯 審美歯科 オーラルセラミック ホワイトニング デンタルエステ
求人募集:歯科医師 歯科衛生士 歯科助手・受付求人