寒い季節

こんにちは歯科医師の笹野です。
いよいよ冬本番ですね。
朝布団から出るのが億劫に感じる方も多いのではないでしょうか。
寒くなってくると息をすうと歯がしみるような痛みを感じる。
このようなお悩みを患者様から聞くことがあります。
その原因はなんでしょうか?
歯の一部分に大きな摩擦が加わると、その部分の歯の表面エナメル質が削れてきてしまいます。
エナメル質は身体の中で最も硬い組織と言われていて、その硬さを表すモース硬度というレベルに換算すると6-7という数値に値します。地球上で一番硬いものとしてよく言われるダイアモンドを10としているのですが、ナイフより硬くガラスに傷をつけることができる程度の硬さが7レベルとされているので歯のエナメル質の硬さはかなりのものだと言えます。
そんな骨よりも硬いエナメル質が実は毎日の誤ったブラッシングにより、少しづつ少しづつ削れていくことがあるんです。削れてしまった部分は、歯の神経がまとう洋服が薄くなっているような状態なので
熱や冷たいものに敏感になります。そこで、冷たい風を感じるこの季節、知覚過敏が疑われるような症状がでることがあります。
知覚過敏用の歯磨剤を使用することで症状が改善すすこともありますし、
知覚過敏になっているところは当院でも知覚過敏用の塗り薬を塗ったり、修復したりできます。また正しいブラッシングにより、今後の知覚過敏を防ぐこともできます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談くださいお問い合わせフォーム

  • インプラントセンター岡山
  • 歯科用CT
おがた歯科クリニック〒710-0831 岡山県倉敷市田ノ上938-3 TEL:086-430-0633

診療科目:歯科 小児歯科 矯正歯科 小児矯正 歯列育成 入れ歯 審美歯科 オーラルセラミック ホワイトニング デンタルエステ
求人募集:歯科医師 歯科衛生士 歯科助手・受付求人