「おがブー」と呼ばれた子ども時代

実は運動不足で肥満体型でした
「緒方先生っていつも元気いっぱいですね!そのパワーはどこから来るのですか?」とよく言われます。でも小さい頃は、外で遊ぶより家の中で本を読むのが好きな子どもでした。なぜなら、ウチの親はとにかく本だけはよく買ってくれたからです。

私はそれでも飽き足らず、足繁く図書館に通い、たくさんの本を借り漁っていました。そのせいか、子どもの頃は運動不足で肥満体型でした。なんと友だちから「おがブー」なんてあだ名で呼ばれていたんですよ(今でも油断するとすぐ太ってしまいます)。

小学校時代に「僕の体重」というテーマで研究発表をしたことさえあるんです。学校だけでなく、市の発表会に参加させていただいた覚えがあります。自分の体重管理(今で言うダイエット法)の研究だったと思いますが、本人は発表できること自体は嬉しかったのですが、内容が内容だけにとても恥ずかしかったのをよく覚えています。

あまり取り柄はなかった普通の子どもだったのですが、手先は人並み以上に器用だったように思います。ある日図工の時間、彫像か何かのスケッチをして、その日の学級日誌に「おがブーのスケッチは先生よりうまかった!」と書いてもらったこともあります。

気づいたらあの頃の父と同じように
父親は、電力会社でごく普通のサラリーマンをしていました。とても真面目な父親で、仕事が終わったらまっすぐ家に帰ってくる、今でいうところの「マイホームパパ」でした。ですから、あまり父親の酔っ払った姿を見たことはありません。家族のことを大事に考えてくれていたと思います。

あまりしゃべらない、物静かな父でした。私は父が高校時代にスポーツで活躍した新聞の切り抜きを見つけ、それをずいぶん誇りに思って大事にしていたことをいまだに鮮明に覚えています。

でもその反面、私は子ども心に「大人になったら、成功してもっと派手な生活をするぞ!」と考えていたような気がします。ところが、やはり血は争えないもので、私も仕事が終わったらまっすぐ家に帰るという生活を続けています。

税理士さんにいつも「研修費はえらい多いのに、交際費が少ないですね~」と言われています。実は心の中では交際費をたくさん使える社交的な性格に憧れているのですが、カエルの子はやはりカエルなんでしょうか?

親からの洗脳?で医師を目指す
親からはいつも「おまえは医者になれ~、医者になれ~」と念仏のように言われ続けていました。母親の弟が内科医で成功しているのを見ていたからだろうと思います。

それは私の潜在意識の中に完全にインプットされていて、ほかの職業に就くことは考えられませんでした。医者にはなれませんでしたが、歯科医師になれて良かった、歯科医師は天職だと思っています。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談くださいお問い合わせフォーム

おがた歯科クリニック〒710-0831 岡山県倉敷市田ノ上938-3 TEL:086-430-0633

診療科目:歯科 小児歯科 矯正歯科 小児矯正 歯列育成 入れ歯 審美歯科 オーラルセラミック ホワイトニング デンタルエステ
求人募集:歯科医師 歯科衛生士 歯科助手・受付求人