2015年12月20日

師走

こんにちは歯科医師の笹野です。
いよいよ12月も後半になりましたね。
12月は師走ともいいますがそもそもなぜ師走というのでしょうか
調べました。

元は太陰暦(旧暦)の12月の異名でしたが、現在の新暦でも12月の別名として幅広く認知されています。
一年の最後の月であり大きな行事も多いことから、師走という漢字が持つイメージと忙しなさがぴったりと合うように感じる方も多いようですが、実は師走の由来は正確にはわかっていないようで、諸説あるようです。

①師(僧)が走る説

僧とはお寺のお坊さんのことで、日本には昔から年末になるとお坊さんに自宅まで来てもらい、お経を唱えてもらう風習がありました。
そのため、年末が近付くとあちこちから依頼がくるお坊さんは、東西を行ったり来たりと大忙しになります。
その様子を見て「師が馳せる」から師走になったという説です

②年果つ説

12月は一年が終わる月ということから、四季が終わる・年が終わるという意味で、年果つ(としかつ)が変化し、としかつ→としはす→しはす→しわす、となったと言われる説です。
当て字説

③日本書紀や万葉集などの書物には、十二月(十有二月)をしわすと呼んでいたとされる記述が残っています。これがやがて、師走に充てられたという説です。

このように諸説あるようですが、僕は歯科医『師』が『走』り回らない落ち着いた師走を過ごせるように
周到な準備を心掛けたいと思います。

2015年12月11日

治療を受けてみてよかった


〈Before〉          〈After〉 
13676-1.bmp13676-2.bmp

30代 女性    
       
治療を受けようと思ったいきさつとしては、口の中に入る物なので、出来るだけ本来の歯に近いものを入れたかったからです。咀嚼する時もですが、やっぱり見た目がキレイな方が良いので...後、金属アレルギーもあるので余計に。治療を受けてみて、もちろん良かったと思います。私自身、接客業なので、口は特に気になる所なので、いつまでもスマイルラインがきれい、元気でありたいなと思います。
2015.12.2

2015年12月 9日

治療方法等は安心できる


〈Before〉          〈After〉
15319-1.bmp15319-2.bmp

60代 男性    
        
以前(10年以上前)から左右上の各2本の歯(奥から)がぐらつき、いずれ抜かざるを得ないと心配していた。治療は受けていたが、保険の範囲ではなかなか納得のいく方法はなかった。インプラントについては知っていたが、いろいろデメリットがあることも報じられていたのですが、一度相談と思い、おがた歯科クリニックに行きました。まず最初の感想としては、治療方法等は安心できると思ったので、あとは全てお任せしました。それで良かったと思ってます。まだ右上のインプラント2本の治療が残ってますが、全てお願いしようと思ってます。
                           2015.11.20

とても丁寧な型取り


〈Before〉          〈After〉
8238-1.bmp8238-2.bmp

40代 女性    
        
以前同じ様なのをしていたのもあるのと、以前より良くなっていると聞きました。型取りをとても丁寧にして頂いたので、当日はあまり直すことなく、短時間で終わって私個人的には本当に助かりました。 
   
                          2015.11.20

2015年12月 4日

寒い季節

こんにちは歯科医師の笹野です。
いよいよ冬本番ですね。
朝布団から出るのが億劫に感じる方も多いのではないでしょうか。
寒くなってくると息をすうと歯がしみるような痛みを感じる。
このようなお悩みを患者様から聞くことがあります。
その原因はなんでしょうか?
歯の一部分に大きな摩擦が加わると、その部分の歯の表面エナメル質が削れてきてしまいます。
エナメル質は身体の中で最も硬い組織と言われていて、その硬さを表すモース硬度というレベルに換算すると6-7という数値に値します。地球上で一番硬いものとしてよく言われるダイアモンドを10としているのですが、ナイフより硬くガラスに傷をつけることができる程度の硬さが7レベルとされているので歯のエナメル質の硬さはかなりのものだと言えます。
そんな骨よりも硬いエナメル質が実は毎日の誤ったブラッシングにより、少しづつ少しづつ削れていくことがあるんです。削れてしまった部分は、歯の神経がまとう洋服が薄くなっているような状態なので
熱や冷たいものに敏感になります。そこで、冷たい風を感じるこの季節、知覚過敏が疑われるような症状がでることがあります。
知覚過敏用の歯磨剤を使用することで症状が改善すすこともありますし、
知覚過敏になっているところは当院でも知覚過敏用の塗り薬を塗ったり、修復したりできます。また正しいブラッシングにより、今後の知覚過敏を防ぐこともできます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談くださいお問い合わせフォーム

おがた歯科クリニック〒710-0831 岡山県倉敷市田ノ上938-3 TEL:086-430-0633

診療科目:歯科 小児歯科 矯正歯科 小児矯正 歯列育成 入れ歯 審美歯科 オーラルセラミック ホワイトニング デンタルエステ
求人募集:歯科医師 歯科衛生士 歯科助手・受付求人