2段階で治療します

通常の小児矯正は、初めからワイヤーをつけるわけではなく、2段階に分けて行います。

第I期治療小児矯正
小学校低学年ぐらいの時期は、自然の成長力を引き出すことで大きな効果が期待でき、幅広い治療が可能な時期です。そのため、顎を拡大したり、上下の顎の位置のバランスを整えたりする治療、つまり骨格に対する治療が中心となります。また、主に取り外しができる装置を用いるため、ご家族の協力も必要です(固定式の装置を使うケースもあります)。

<この時期に治療を開始するメリット>
・お顔の形が良くなる
・第II期治療が簡単になる
・第II期治療で永久歯を抜くことなく治療できる可能性が上がる
・第II期治療が不要となることもある

フェーズ1の治療は、主に取り外しが出来る矯正装置を用いることが多いですが、ときに固定式の装置を使うこともあります。

第II期治療小児矯正
おおよそ中学生以降、つまりすべての歯が永久歯に生え変わったあとに行います。第II期治療の目的は、歯並びの改善です。大人の矯正と同じように、歯にブラケットを装着して全体の咬み合わせを改善し、仕上げます。

成人矯正についてはコチラ

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談くださいお問い合わせフォーム

おがた歯科クリニック〒710-0831 岡山県倉敷市田ノ上938-3 TEL:086-430-0633

診療科目:歯科 小児歯科 矯正歯科 小児矯正 歯列育成 入れ歯 審美歯科 オーラルセラミック ホワイトニング デンタルエステ
求人募集:歯科医師 歯科衛生士 歯科助手・受付求人