当院の主な詰め物・被せ物メニュー

オールセラミックオールセラミック
当院で主に使っている、オールセラミックの天然歯に近いクラウンです。経年による色の変化がほとんどないため、目立つ部分や前歯の治療に使用します。

●プロセラクラウン
ジルコニアまたはアルミナという硬いセラミックと、審美的に優れたポーセレンでできた2層構造のクラウンです。強度と審美性を兼ね備えた、最先端のクラウンです。審美性に優れ、天然の歯と遜色ない透明感があります。

●eMAXクラウン
eMAXというセラミックでできた1層構造のクラウンです。審美性はプロセラに劣りますが、強度がポーセレンより高いので(ジルコニアやアルミナよりは弱い)、奥歯によく使われます。

プラスチックプラスチック
オールセラミックよりも柔らかいため、健康な歯を傷めなくて済みます。オールセラミックと比べると色調が劣り、長年使い続けていると変色することがあります。

●レジンジャケットクラウン
保険適応のコンポジットレジンのみで作られたクラウンです。前歯から小臼歯まで対応できますが、当院ではあまりお勧めしておりません。

●ハイブリッドセラミッククラウン
ハイブリッドセラミック(良質なコンポジットレジン)のみで作られたクラウンです。レジンジャケットクラウンよりは欠点が少ない、自費診療のクラウンです。第一選択ではありませんが、どうしてもセラミックが費用的に無理な方にお勧めしています。

金属と前装金属と前装
材料の内側に金属を使ったクラウンです。耐久性が高く、見た目も白くできるので前歯の被せ物として使用できます。

●レジン前装冠
保険診療のクラウンで、金銀パラジウム合金の表面にプラスチックを貼り付けたものです。

●メタルボンド
特殊な金合金の表面にセラミック(ポーセレン)を焼き付けたクラウンです。オールセラミックより耐久性があり、ブリッジなどの連結歯に使われます。より審美性を重視する場合は、ゴールドで裏打ちしたものもあります。また、ポーセレンの代わりに、ハイブリッドセラミックを貼り付ける場合もあります。

金属金属
保険診療では金銀パラジウム合金、自費診療では金合金を使用します。すべて金属でできているため耐久性が高く、奥歯に使われます。

●ゴールドクラウン
柔らかいゴールドでできているため、周りの歯を傷めません。金色の見た目にはやや違和感があるかもしれませんが、生体親和性が高く、金属アレルギーはほとんど起こりません。

ジルコニアセラミッククラウンジルコニア
強度が高いので、主に奥歯やブリッジの部分などに使われます。オールセラミックよりも美しく仕上がります。

セラミックインレーセラミックインレー
セラミック製の白い詰め物です。主に奥歯の治療で使われます。歯との隙間ができにくいため、むし歯になりにくいというメリットがあります。

ラミネートベニアラミネートベニア
歯の表面を薄く削って、薄いセラミックを貼り付ける、つけ爪のようなものです。主に上顎の前歯などに使われます。簡単に短い期間でつけることができますが、少なからず天然の歯を削ってしまうため、事前に検討が必要です。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談くださいお問い合わせフォーム

  • インプラントセンター岡山
  • 歯科用CT
おがた歯科クリニック〒710-0831 岡山県倉敷市田ノ上938-3 TEL:086-430-0633

診療科目:歯科 小児歯科 矯正歯科 小児矯正 歯列育成 入れ歯 審美歯科 オーラルセラミック ホワイトニング デンタルエステ
求人募集:歯科医師 歯科衛生士 歯科助手・受付求人