清潔で精密な根管治療

歯の根(根管)の治療を行う際には、無菌状態を保たなければなりません。精密な検査と的確な治療により、再発を防止していきます。

根管治療

歯が以下のような状態になってしまっている場合に根管治療が必要となります。

●むし歯が進行していて、歯髄まで達している場合
●重度のむし歯や歯周病、重度の知覚過症、外傷などにより歯髄が死んでしまっている場合
●すでに歯髄が除去されている歯で、治療を終えないまま放置した場合や、不十分な根管治療により再発してしまった場合

神経が入っている根管をよく洗浄したあとに薬剤を詰め、被せ物をして咬み合わせを作るというのが一連の作業ですが、根管の細菌を完全に取り除かないと再発する恐れがあるため、より精密な診療が必要とされます。

マイクロスコープによる根管治療マイクロスコープ
当院では根管治療に「マイクロスコープ」という顕微鏡を使用しています。最大で肉眼の約20倍での処置ができるため、患部の状態を正確に把握することができ、治療の精度が飛躍的にアップします。

無菌状態を保つラバーダムラバーダム
再発のリスクを減らすためには、治療中も根管内を無菌に保つ必要があります。「ラバーダム」と呼ばれるゴム製のシートを使って無菌状態を保ち、清潔で効果の高い根管治療を行うことができます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談くださいお問い合わせフォーム

  • インプラントセンター岡山
  • 歯科用CT
おがた歯科クリニック〒710-0831 岡山県倉敷市田ノ上938-3 TEL:086-430-0633

診療科目:歯科 小児歯科 矯正歯科 小児矯正 歯列育成 入れ歯 審美歯科 オーラルセラミック ホワイトニング デンタルエステ
求人募集:歯科医師 歯科衛生士 歯科助手・受付求人