保険診療による歯周病治療

歯周病治療歯周病治療における一番の柱は歯周病菌の除去です。歯周病菌は歯垢の中に棲んでいますので、まずはこの歯垢を除去することが大切です。治療が終わってからも、再び歯周病にならないよう定期的な検診とお口の中のクリーニングをお勧めしています。

歯垢除去(デプラーキング)
ブラッシングによる歯垢除去、器具を使って掃除するPMTC、薬液で洗い流すなどの方法を使って歯垢を除去していきます。

食事指導、生活指導、ブラッシング指導
歯科衛生士が、普段の食生活や生活習慣の改善、ブラッシングの改善などの指導を行い、歯垢が付着しづらい歯を作っていきます。

歯石除去(歯肉縁上スケーリング)
歯垢は、時間が経つと唾液中のカルシウムが沈着して硬くなってしまいます。この状態を歯石と呼び、溜まってしまったら除去しなければなりません。歯ぐきより上の歯石除去を「歯肉縁上スケーリング」と言います。

ルートプレーニング(SRP)
歯ぐきの中にまで沈着した歯石を除去することを「歯肉縁下スケーリング」と言います。また、ざらざらになった根っこの表面をツルツルにして、組織がなじみやすくすることを「ルートプレーニング」と言います。この2つの作業は同時に行うことが多く「スケーリング・ルートプレーニング」とも呼ばれます。

歯周外科治療
歯周病が進行すると、スケーリングやルートプレーニングでも状態が改善しないことがあります。歯垢や歯石を取りきれなかったり、歯ぐきの質の改善が必要だったり、骨がいびつに溶けてしまったりしている場合は、歯周外科治療を行います。

薬物治療
抗生物質を内服したり抗生物質軟膏を塗布したりするなど、薬物を使った治療も補助的に行うことがあります。(一部のみ保険適応となります)

暫間固定
歯の周りの骨が溶けてしまってぐらぐらしている状態をそのままにしていると、歯に悪影響を及ぼす可能性があります。そのような場合には歯と歯をつないで固定します。

咬合調整
歯周病が進行して歯が動いてしまったり、もともとの悪い歯並びによって咬み合わせがうまくいかなかったりする場合には、咬み合わせの調整を行います。

●根本的に歯周病のリスクを解消したいとお考えの方へ
保険診療で行うことが可能な歯周病の処置は、基本的に歯石等を物理的に除去する治療に限定して行われます。しかしながら、根本的な原因である細菌の減少を図ることは困難なため、再発のリスクが比較的高いと言わざるを得ません。当院では、歯周病の根本的な原因である歯周病菌(悪性のバクテリア)を抑制し、活動をコントロールすることを主眼においた根本的歯周病治療(BRP)を導入しております。
根本的歯周病治療(BRP)についてはコチラ

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談くださいお問い合わせフォーム

おがた歯科クリニック〒710-0831 岡山県倉敷市田ノ上938-3 TEL:086-430-0633

診療科目:歯科 小児歯科 矯正歯科 小児矯正 歯列育成 入れ歯 審美歯科 オーラルセラミック ホワイトニング デンタルエステ
求人募集:歯科医師 歯科衛生士 歯科助手・受付求人