主な口腔外科治療

親不知の抜歯
親不知が生えてくるスペースが小さく(狭く)ていびつに生えてしまった結果、1本前の歯に干渉してしまったり、横になったまま生えてこなかったりといった場合は、前の歯との間にむし歯ができやすくなってしまうリスクが高まります。

そのような場合は親不知の抜歯を行います。横向きや生えかけの親不知の抜歯には高い技術が必要ですが、当院ではこれまで多くの症例を取り扱ってきました。親不知の抜歯は術後の神経障害やいつまでも出血が止まらないといった合併症のリスクもある治療のため、難しいケースの場合にはCT撮影をしてから慎重に行っています。

埋伏歯、埋伏過剰歯の抜歯
本来生えるべき歯が、そのスペースがなく生えてこられない状態を「埋伏歯」と言います。通常放置するか矯正時に外科的処置を行いますが、むし歯菌に感染してしまった場合には抜歯を行います。

また、本来生えるべきでない余分な歯が埋もれていることもあります。これを「埋伏過剰歯」と言い、こちらも通常は放置しますが、感染したり永久歯が生える障害になったりする場合は抜歯を行います。

外科的歯内療法
神経を取ったあとの歯の根の先に細菌の巣ができることがあります。これは「歯根のう胞」と呼ばれ、小さいうちは根管治療により治すことができますが、大きくなってしまった場合には外科的に切除(歯根端切除手術)することがあります。当院ではマイクロスコープを使って行います。

唇、頬粘膜の粘液のう胞除去
何らかの原因で唇や頬にある唾液腺と呼ばれる部分が詰まってしまい、膨れることがあります。これを「粘液のう胞」と呼び、再発を防ぐために切除することがあります。当院では、縫合しなくても済むようにレーザーを使った切除を行います。

小帯切除術
舌の裏側にある「舌小帯」と呼ばれる部分は、小児期に言葉を発したり食事の際に障害となったりする場合には切除することがあります。また、上唇と前歯の間にある「上唇小帯」は歯周病のリスクを高めることがあり、頬粘膜の「頬小帯」は入れ歯の邪魔になることがあるため、同様に切除することがあります。当院ではレーザーを使って切除しています。

小さな良性腫瘍の摘出
舌や頬粘膜などの軟組織にできた腫瘍、顎の骨の中にできた腫瘍についても小さいものであれば摘出手術を行います。悪性の場合や大きな腫瘍の場合は、信頼のおける医療機関をご紹介します。

骨隆起除去術
下顎の内側に骨の隆起ができることがあり、入れ歯の邪魔になる場合は除去することがあります。

フラビーガム除去術
歯ぐきがぶよぶよになって、入れ歯の装着の邪魔になることがあります。その場合にはレーザーを使って安全に除去していきます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談くださいお問い合わせフォーム

おがた歯科クリニック〒710-0831 岡山県倉敷市田ノ上938-3 TEL:086-430-0633

診療科目:歯科 小児歯科 矯正歯科 小児矯正 歯列育成 入れ歯 審美歯科 オーラルセラミック ホワイトニング デンタルエステ
求人募集:歯科医師 歯科衛生士 歯科助手・受付求人