SPTとは

健康保険でできる歯の治療

SPTとはSupportive Periodontal Therapy(サポーティブペリオドンタルセラピー)の略で、歯周病治療の終了後も日常における適切なブラッシングや歯垢(プラーク)・歯石の除去、咬合調整(咬み合わせの調整)などを歯科医療従事者と患者の双方で行うことにより、お口の健康を維持・推進していくことです。

SPTで行うこと

SPT歯周組織検査3または4の結果、病状安定(歯周病のリスクが中程度から高いレベル)と判定された患者さまが対象となります。治療期間は3ケ月ごとの歯周病管理が基本で、主に健診とメインテナンス処置(PMTC(プロフェッショナルによる歯のクリーニング))や歯石除去等)、清掃指導、フッ素塗布等を衛生士中心に行います。

また咬み合わせの問題を改善するために、咬み合わせの調整や詰め物、被せ物の調整、形態修正を行う事もあります。

SPTさらには口腔状況だけでなく、全身状況の把握・プラークコントロールの強化指導や生活習慣を通じた改善指導まで含めたトータルでの歯周病管理が必要となります。
これらを継続した後、歯周組織の炎症が認められず歯周組織の健康が回復し、治癒と判定できた段階でSPTは終了となります。

最近では、「メインテナンス」という用語に代わり、「SPT」という用語を使うことが国内外の歯周病学会から提唱されはじめています。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談くださいお問い合わせフォーム

おがた歯科クリニック〒710-0831 岡山県倉敷市田ノ上938-3 TEL:086-430-0633

診療科目:歯科 小児歯科 矯正歯科 小児矯正 歯列育成 入れ歯 審美歯科 オーラルセラミック ホワイトニング デンタルエステ
求人募集:歯科医師 歯科衛生士 歯科助手・受付求人