保護者の方の意識から変える小児歯科

お子さまが笑顔で診療を受けられる歯科医院として、子どもとしてではなく1人の人間として接し、コミュニケーションを重視した小児診療を行います。

小児歯科

小児歯科とひとくちに言っても、クリニックごとに考え方やコンセプトは異なります。当院では「子どもがずっと笑顔でいられるクリニック」を目指し、お子さまが診療をとおして心身共に成長できるようサポートしていきます。

当院では、基本的に保護者の方にも診療室に入っていただきます。これは、保護者の方にもお子さまの治療サポーターとなっていただきたいからです。ただし、お子さまが甘えてしまって治療がうまく進まない場合は、1人で入室していただきます。

1人で治療がうまくできた場合は、保護者の方も思いっきり褒めてあげてください。子どもはそれだけで自信がつき、達成感を味わうことができます。

歯科診療を上手に受けるために

小児歯科子どもの頃に「歯医者は怖い」をいう認識を持ってしまうと、それ以降の人生で大きなリスクを抱えることとなってしまいます。大切なのは「痛くなるような大きなむし歯ができる前」「歯医者は怖いという先入観を持ってしまう前」に、たとえ異常がなくても来院いただくことです。

当院では、お子さまとの信頼関係を築くためにさまざまな工夫を凝らしています。治療器具を見せて未知の機器に対する恐怖心を好奇心に変え、笑顔とあいさつで「この人たちはばい菌をやっつけてくれる味方なんだ」と思ってもらえるような接し方をスタッフ一同で心がけています。

上手に治療を受けるための3つのポイント
・比較的子どもの機嫌が良い午前中に予約をお取りください(昼過ぎになると眠くなってしまうため、治療には不利です)。

・横になったとき楽なように、ゴムのズボンや胸元が詰まっていない服を着て、温度調節がしやすい重ね着(肌着・シャツ・カーディガンなど)をしてください。

・歯医者で何をするか、どんなことが起きるのかを一切言わないでください。

細菌感染からの予防

小児歯科生まれたての赤ちゃんのお口の中に、むし歯菌や歯周病菌は存在しません。ほとんどの場合、お父さまやお母さま、ご家族からのルートで感染してしまうと言われています。

また、お口の中の細菌バランスは「3歳までの環境で決まる」と言われています。つまり、3歳までにむし歯菌に感染しなければ、その先続く長い人生においてもむし歯になりにくいお口を手に入れられるのです。

ですから、ご家庭でのブラッシング習慣や歯科医院での定期的なチェックは、お子さまがまだ小さい時期から意識づけを行うことが重要です。

家族で取り組む必要性

小児歯科当院ではお子さまの乳歯が生える前に一度来院いただき、お口の中の検査を受けてご家庭でのケアの知識を身につけていただくことをお勧めしています。

また、お子さまの将来の健康リスクを減らすためには、保護者の方から意識を変えていただく必要があります。保護者の方ご自身が予防に関する正しい知識を持ち、自ら実践することではじめてお子さまの手本となり、将来にわたってお子さまのむし歯リスクを減らすことにつながるのです。

当院では保護者の方向けにご家庭での指導方法を含めたていねいなカウンセリングを行いますので、ぜひお子さまを連れて来院ください。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談くださいお問い合わせフォーム

おがた歯科クリニック〒710-0831 岡山県倉敷市田ノ上938-3 TEL:086-430-0633

診療科目:歯科 小児歯科 矯正歯科 小児矯正 歯列育成 入れ歯 審美歯科 オーラルセラミック ホワイトニング デンタルエステ
求人募集:歯科医師 歯科衛生士 歯科助手・受付求人